写真をみて顔のたるみが気になったことありませんか?冷蔵庫で時間が経った野菜のような皮膚

ヒアルロン酸注射って怖くないの?

お顔に注射をするので、怖いというイメージはありますが痛みはほぼありません。
頬には麻酔クリームを塗り、唇は歯科用の麻酔を口腔内からするので大丈夫です。
実際の施術時間は20分程度

ヒアルロン酸を肌に塗っても表面を保湿するだけ

ヒアルロン酸は分子量が大きいので肌表面に塗っても内部へ浸透させるのは至難の業!
多くの化粧品でヒアルロン酸は表面を保湿・保護する効果があります

老け顔の原因はシワ・たるみが作る”お顔の影”

遠目でも顔の輪郭や影からその人がだいたい何歳くらいか分かりますよね。
若い人は輪郭全体に膨らみ・丸みがあるのに対して、加齢とともにシワ・たるみによる
くぼみや影が顕著になり老け顔になります
目の周りや頬から下がってきた皮膚が結果として口の周りで”たるみ”となってしまいます
これが”ほうれい線”や”マリオネットライン”の正体!

お肌のハリを取り戻すだけでは難しい。。。
骨と脂肪も減っています

加齢とともに肌の乾燥は進みますが、シワ・たるみの原因はそれだけではありません。
加齢とともに顔の輪郭を支える目の周り・頬の骨は痩せ、皮膚の下の脂肪は減少していきます。
そうです、中身が減るので、結果として空気が減ってしぼんだ風船のように皮膚がたるみます。

当歯科医院で注入できる部位・費用

★ 頬(ゴルゴ線、ほうれい線の改善・顔のメリハリに効果)44,000円(1㏄まで)
★ 口周り(唇の周りのシワ改善)44,000円(1㏄まで)
★ 唇(唇の輪郭をハッキリさせる効果)33,000円 (1㏄まで)
★ 唇+口周り 44,000円(1㏄まで)
★ カニューレの使用(先端が丸い特殊な針) +3,000円

頬と唇・口周りでは使用するヒアルロン酸が異なります
いずれもやり過ぎない事が失敗しないコツです!

顔のたるみを改善する方法には、リフトアップ、脂肪注入、レーザーいろいろとありますが、
当然それぞれに利点と欠点があります。

ヒアルロン酸注入の良い面は
① メスを使わない(麻酔クリームを塗って、細い針で注入)
② ダウンタイムが少ない(腫れや痛みが少ない)
③ いずれ吸収されて無くなる物質(万が一結果に満足しなくても元に戻る、戻せる)
④ 直後から効果を実感

⁂すぐに効果が出て、比較的気軽にできる施術ですがヒアルロン酸注入には限界があります。
シワ・たるみの程度によって必要な量が変わりますが、
広範囲、リフトアップなどは脂肪注入なのど方法がほうが適しております

術前のほうれい線

注入直後

<リスク>
内出血、腫れは当たり前ですが、多くの場合目立つ程ではありません。2週間~1カ月で自然に消えます。
血管に入って血栓を起こすと血流が妨げられた部分が壊死します。回避する方法をとり、万が一に備えてヒアルロン酸を溶かすお薬を常備しております。

<効果の持続>

効果の持続は個人差がありますが、3か月~6カ月といわれております。
ただし、最新のMRIを使った研究では実際はもっと長い期間(数年)残存が確認されております。

施術自体は集中して慎重に行いますが、施術時間は15分程度で注入後はすぐにお帰りになれます。

”私も興味ある”と思った方はぜひ無料相談を!

ヒアルロン酸注入は、昔よりは手頃になったとはいえ高価です。
ともすれば価格だけで決めたくなりますが、価格の違いは何でしょう?

当院は歯科医院なので、限られた部位にしか注入致しませんが、美容クリニックの専門性や高い技術以外での
価格差の違いについていくつか理由を挙げられます。
① ヒアルロン酸の成分
 ヒアルロン酸は本来体の中にある成分で時間とともに吸収されて無くなるというのが良くも悪くも性質ですが、
 安いヒアルロン酸の中には天然の成分以外のものが含まれていることがあり、これは吸収されず体内に残ったり
 アレルギーの原因となることがあります。

② 量り売り
 ほとんどのヒアルロン酸は1cc単位でシリンジに入っていますので、量り売りするという事は
 針だけ変えて同じシリンジを患者さん間で使い回しするか、一度他のシリンジへ移すという
 感染リスクを伴う工程がある可能性が高いです。使用説明書には一度使用したシリンジは破棄するように
 記載されているので、当院では使い回しや移し替えは絶対に致しません。

★最小限の量 ★安全 ★満足度の高い治療 ★やり過ぎない を追求したいと思っています。
現時点ではほうれい線とゴルゴ線への注入に限定させていただきます。