子供の歯並びをある程度は良くしてあげたい

お子様の「出っ歯」「うけ口」「歯の重なり合い」・・・・・
自然に治らないの? 小児矯正 が必要?いつから?費用は?

生えかわりが始まったけどこのまま放っておいて大丈夫?自分の歯並びが悪いから子供の歯並びも心配という保護者様はもちろん
将来本格矯正にかかる50万円、80万円は支払えないという保護者様も
6万円から始められる”前矯正(咬合誘導)”をお子様のためにご検討してあげてください
費用を抑えてある程度良い歯並びにしてあげたいというなら気軽にご相談してください!

歯並びがある程度良ければ、将来あなたのお子様が虫歯や歯槽膿漏で苦労することはあまり考えられません。
また、6才頃から始めると歯並びだけでなく顔立ち(特に横顔)も良くなります。
歯並びをなるべく良くするためのポイント
○悪習癖を治す(指しゃぶり、お口ポカンなど、口呼吸、舌の突き出しなど)
○鼻呼吸をする(この時舌の正しいホームポジションは上顎です)
○明らかに顎の成長が足りない場合は上顎の発育が終わる10歳までにスペースを確保する
○虫歯にならないようにする、生えかわりが終わるまで定期検診を受ける

悪習癖を治し、成長中に歯並びをできるだけ改善するために以下の2種類の装置で咬合誘導します
いずれも夜間のみの使用なので、学校での紛失・破損の心配は無く
本格矯正と比較して痛みは少なく、取り外して食事ができるのでお子様の負担も軽減されます

T4K (シリコン製マウスピース)装置代:5万円

マウスピースを正しく使用していただくことで(口腔筋機能療法)習癖を治して自然に正しい顎と歯列の成長を促します。6才~12才まで同じ装置が使用できます。軽度の不正咬合はまずこれを使って頂きます。

拡大床 (上下)装置代:12万円(上下セット)

☆大人の歯1,2本分のスペース不足を2年かけてゆっくり顎の成長を促すことで補います。
いずれも基本的に夜間のみの使用で6歳~8歳までに開始が必要です。

 当院では生えかわり時期を利用してある程度良い歯並びに改善することがとても大切だと考えております。成長のタイミングやスピード、遺伝的要素から一度改善した歯並びが変化することもあります。しかし、何もしなければどこまで悪化するかわからないので無駄にはならいと思っています。 

上顎は10歳、下顎は中学生で成長が完了します。
本格矯正は永久歯が生えそろってから始めるので顎の成長は終わっています。そのため、スペース不足を補うために抜歯が必要となることが多いのが事実です。歯を抜かない矯正もありますが、重なり合った歯をひだのあるスカートに例えると、ひだを全て伸ばすには外側に広げるのと同じように全体が出っ歯気味になります。
成長中に悪習壁が原因で顎の発育が阻害されると歯が生えるスペースが不足したり、顎の変形が生じてかみ合わせが悪くなりますが、早めに習慣を治すと正しい顎と歯列の発育を促す効果があります。上顎の成長不足は横顔に輪郭に大きく影響します。また、将来的に本格矯正を必要とする場合も矯正期間、抜歯にいたるケース、後戻りを減らすことが期待できます。